スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コレでも楽しんでます。

夏から作り続けている型紙の完成型も、あと二つになりました。
ジューンストライプとピンクの革のコです。
まだやってるんですねー。
今はハンドバッグ型を作っています。

かぶせー。



部品多くて時間かかります。
サクッと作って色展開全部ショップに並べてみたいって始めたのにナニヤッテンダロ。
同じ型紙なので、前回と同じ作業です。



コレは仮止め。
中心を意識して、前後同じ緩みをつけて、カーブをもたせて立体化しています。
開くと緩み分ボコボコしちゃう。
なので腕ミシンです。



カーブをもたせたまま、縫います。
そう。
このシリーズは、腕ミシンだからできる簡単バッグで、サクッと作って色展開を全部ショップに並べる予定で、種類が増えて時間がかかっているのです、、、
。。。本当にばかですね。。。




ココからは平らに。



もう片方の仮止めはもっと気を使います。
左右と中心を合わせるのは当然ですが。



ヒネリ角10左ゼロ。

ヒネリ角10右ゼロ。


裏の印で前後左右緩ませ始まりをピッタリにして、よしと思ったら縫い付けます。

ある程度の大きさからは感じないんですが、小さくなればなるほど左右対称って難しいです。
お人形服でいっつも微妙なズレと戦ってるから、気にしすぎかもですが。
60センチドールで1ミリずれたら、人間服で3ミリずれたことになりますので、1ミリもズレないように頑張ってます。
服、ボタンの位置が3ミリずれてたら、カッコ悪いデスよね。
小さいバッグは気をつけないと、そんなかんじにカッコ悪くなります。

この面倒くさい感じが別に面倒くさくもなく、普通にネチネチ測って作っています。
お人形で当然の作業なので平気みたいです。

バッグの補強テープにもなる、1ミリ刻み10センチが繰り返されてるメジャー印刷されてるテープとかあるといいのにー。
中心線もあるジンくんテープみたいなの。



ありそうですよねー。

なんかサクッと作って色展開を全部ショップに並べてみたいだけのバッグだったのに、サクッとって前提が間違いだったって今気づきました。。。
本当にアレですね。

今日は写真もいっぱい撮ったので、燃え尽きそうです^_^
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。